• Twitter

FOLLOW US

映画監督と映画プロデューサーをつなぐアイデアの蔵

《 映画監督が生み出す新たな企画 》と
《 映画化したいプロデューサー 》をマッチング

ABOUT IKURA

RECENT FILM PROJECT

NO.32/29

NAME :

戸田 彬弘

TITLE :

美しいひと

季節が巡るなら、私の気持ちも巡っていく −

男女8人が今現在の恋人と向き合う為に、
過去の忘れられない恋人達へ手紙を送り合う物語。
未来へ進む為の、文字を通した再会。

  • ドラマ

VIEW MOREVIEW MORE

ABOUT THE PROJECT :

手紙のやり取りだけで演劇が創れないか。
それが企画のスタートでした。
2016年に上演した舞台ですが、映画化するに当たっては、進化できる題材だと感じています。
四季の風景の美しさと、手紙の言葉(モノローグ)、それぞれ8人の生活風景。
その3つが融合した映像詩を目指します。
映画で「言葉を読む」というチャレンジが他にあまりない映画になると思っています。
森田芳光監督の「(ハル)」、市川準監督の「トニー滝谷」と、傑作である二作品を参考に違う方法論を模索してみたいと考えています。(2022.6.1 掲載)

※原作(戯曲)あり

CLOSECLOSE

NO.31/29

NAME :

戸田 彬弘

TITLE :

背景、僕らのノスタルジア

高校の卒業式を控えた3月。香澄の親友である真由子が一人旅中、山から転落死する事件がおきる。捜査も無く不注意による事故死と断定。数年後の春、香澄が真由子の御参りに家を訪れたとき、母親が妙なことを伝える。残していた真由子の携帯通話料金が請求され続けていると…。かつての仲良しだったクラスメイト5人で集まり、真由子が辿った一人旅の道中を巡る旅に出る。成人した体を制服に身を包みながら…

  • 青春
  • ドラマ
  • プロット有

VIEW MOREVIEW MORE

ABOUT THE PROJECT :

喪失と再生。
使い古されたテーマですが、永遠と人の営みに付き纏うことだと思う。
記録として鮮明に残ってしまう現代において、喪失した故人の肉声や表情は、明確な動画として身近に残ってしまう。
かつては時間が経過すれば思い出が変化し、いつかは昇華し体内に取り込まれるものだったと思う。
しかし現代は、スマホのフォルダ内に残る数々の動画が当時をしっかりと記録しており、その存在が、喪失から抜けられにくい原因の一つになっていると思う。
前に進むために、死者と対話をする旅が擬似的にでも必要ではないか。
本作は、当時の友人達との長い散歩の中で、故人のことを感じ、話し合い、そして、もう居ないことをしっかり体験する旅映画です。(2022.6.1 掲載)

CLOSECLOSE

NO.30/29

NAME :

戸田 彬弘

TITLE :

金木犀の香り(仮題)

最後の夜、最後のセックスをした。渡辺祐一は、長年付き合ってきた高橋真琴と別れる。数年後、祐一の元に真琴から1通の手紙が届く。そこには、結婚をすることと当時の関係についての感謝が書かれていた。その日、祐一は雨に打たれている猫が、一軒家のドアをガリガリしているのを目撃する。インターホンを押しても反応がなく、鍵も掛かっていない。室内には老婆の遺体が有り、腐敗しているのに腐敗臭が無く…。

  • 恋愛
  • 脚本有

VIEW MOREVIEW MORE

ABOUT THE PROJECT :

今、まさに「無縁社会」と呼べる時代ではないでしょうか。
近年、人との関わりをできるだけ拒絶して来たにも関わらず、人は孤独の中で共感、肯定、繋がりを再び求め始めています。SNSをはじめ、不特定多数の人間に自分の心の声を呟き、人との会話や繋がり、癒しを求めている様に思えます。それは、一時的な寂しさを紛らわしてはくれるとは思いますが、本質的な寂しさは癒えません。ただし、こうも考えられるのではないでしょうか?世間では「無縁社会」だと言われていますが、「有縁社会」になり得る媒体がたくさん存在したのではないかと。
確かに仮想空間でのコミュニケーションは簡単に切れる関係でしか無いかもしれません。繋がりを持てても相手が急にログインしなくなることもあります。返信が来なくなるだけで不安を抱えるでしょう。直接的に温度や時間を共有してきた関係とは違い、そこにある絆は非常に脆い物です。しかし、きっかけは何であれ、当人が誠実に関わっておれば、必然的にその仮想空間での相手と「会う」という結末に向かうでしょう。「無縁社会」というのは、自分の身の回りと自ら接触を避けた個人の結果かもしれません。
今回の作品は、揉め事を避けるために自分の本心を隠してきた主人公が、仮想空間での本音での他人との付き合いの経験を経て、人と繋がるという本来の意味(本心を話して、価値観の違う他人と受け入れ合うこと。尊重しあう事)を問う作品にしようと考えています。(2022.6.1 掲載)

CLOSECLOSE

VIEW ALL

DIRECTOR

NEW!!

戸田 彬弘

NEW!!

田中亮丞

NEW!!

福島拓哉

清水健斗

木村緩菜

山中瑶子

奥野俊作

川崎 僚

VIEW ALL