• Twitter

FOLLOW US

NEWS

戸田彬弘監督『市子』公開記念インタビュー

2023.11.28INTERVIEW

12月8日(金)に 『市子』 がテアトル新宿、TOHOシネマズシャンテほかにて全国公開を控えている戸田彬弘監督の登場です!
ご自身が主宰するチーズtheaterの演劇作品「川辺市子のために」を映画化した本作。どんな経緯で演劇から映画化?釜山国際映画祭や東京国際映画祭の正式出品で感じたことは?などなどお話いただきました。

INTERVIEW記事はコチラから↓

▶︎ 戸田彬弘監督『市子』公開記念インタビュー

PROFILE

戸田彬弘 / TODA Akihiro
1983年生まれ。奈良県出身。チーズfilm代表取締役。チーズtheater主宰。日本劇作家協会会員。
映画監督、脚本家、演出家として活動。 2014年『ねこにみかん』で劇場デビュー。
代表作は『名前』(2018年)、『僕たちは変わらない朝を迎える』 (2021年) 、『散歩時間~その日を待ちながら~』(2022年)などが有り、国内外の映画祭で受賞。
舞台では『川辺市子のために』がサンモールスタジオ選定賞2015最優秀脚本賞を受賞。ほか、チーズtheater全作品の作・演出を担当。外部演出は、大竹野正典作『黄昏ワルツ』、横山拓也作『エダニク』、花田明子作『鈴虫のこえ、宵のホタル』、松田正隆作『海と日傘』など。
近年は、舞台『ある風景』(2023年)が日本劇作家協会プログラムとして上演。テレビ東京『けむたい姉とずるい妹』(2023年10月期)を監督。2023年12月8日から杉咲花主演の映画『市子』が全国公開。

INDEXINDEX